skip to Main Content

DMAPって聞いたことありますか?

 

DMAPとは

 

Destination Management Action Plan、通称DMAP。

ハワイ・ツーリズム・オーソリティは、ハワイ住民、観光客にとって満足度の高い観光地となるために「2025年までのハワイ州観光戦略」を策定しました。

このDMAPは、「自然保全」「文化継承」「コミュニティリレーション」「ブランドマーケティング」の4つの柱を基にしています。

 

 

 

 

各島で、ローカルコミュニティと共に、観光戦略を立案し、ハワイのブランドを維持、強化しながら、自然環境、文化継承、コミュニティリレーションに焦点をあて、持続可能な社会を作り上げていくことを目指しています。

 

そのための主要な評価指標(KPI)として、訪問者数ではなく、「住民の満足度」、「旅行者の満足度」、「1日あたりの渡航者による消費額」、「渡航者による総消費額」を設定しています。

 

DMAP内では、各島の現状、観光のための目的、プラン、目標を掲げています。
また、特定の観光地で、観光客の著しい増加に伴い、住民生活、自然環境に負の影響を与えている観光地も紹介しています。

なお、オアフ島のDMAPは、今夏に公開予定です。

Back To Top
Search